> 
 > 

パワーストーンとチャクラ

パワーストーンとチャクラ
チャクラ

オーラを癒すためには、そのオーラの核であるチャクラを活性化させてあげることが必要です。
パワーストーンの微細なバイブレーションがこれらのチャクラに働きかけ、活動をサポートしてくれるのです。

主要なチャクラは体の中心線上に7つあり、これらのチャクラがバランスよく活動していることが重要です。チャクラを整えれば、エネルギーの通りがよくなり、オーラが癒され、本来の輝きを取り戻します。

すべてのチャクラは、まるで歯車のように関係し合っていますから、どれかひとつのチャクラがバランスを欠いていてもよくありません。
すべてのチャクラのバランスを整えてあげることで、オーラは一段とその輝きを増していくのです。
また「レイキ」というヒーリングメソッドで、このチャクラの働きを活性化することも出来ます。

チャクラにはそれぞれのエネルギーの周波数に応じて色を持っているとされ、その色と対応する
パワーストーンを身につけることで、そのチャクラに働きかけます。
透明な水晶、そして、シャーマナイトは全てのチャクラに対して働きかけます。

チャクラは伝統的に、頭頂部が7番、そして、身体の一番下にあるものを1番とし、下から順に数えます。

チャクラ

チャクラの位置
チャクラ カラー 対応箇所
第7チャクラ 頭頂、別名クラウンチャクラ。
第6チャクラ 眉間、別名サードアイ。
(第三の目、真実の目)
第5チャクラ ブルー
(ターコイズ)
喉。
第4チャクラ 胸の中心 別名ハートチャクラ。
第3チャクラ みぞおち 太陽神軽叢。
第2チャクラ オレンジ おへその下、丹田。
第1チャクラ 身体の一番下、基底をなすことからルートチャクラとも呼ばれる。

チャクラについて

第1チャクラ

足から胴体の下部、膀胱睾丸までの下半身全体に対応する部分を、第1チャクラ(ベースチャクラ、基底チャクラ)といいます。 第1チャクラが対応する色は「赤」です。

赤い第1チャクラが表すものは、「サヴァイヴァビリティ(生存性)」といわれています。つまり、「生きる意欲、生存の欲求、肉体的な欲求、生殖能力」など、人間が生きていく上で、必要不可欠な「生命エネルギー」と深く関係しているのです。

そのため、第1チャクラが活性化していない人は、生きる気力を失っていたり、性欲が減退していたりと、深刻な症状を呈している場合が多いです。

第1チャクラの別名である基底チャクラの「基底」の意味は、「基礎となる根底」の部分であることを意味します。人間がこの地球上で生きるために、大地に二本足をつけて立ち上がること、つまり、「グラウンディング」こそが、第1チャクラの表す課題です。このグラウンディングという概念は、重要なので覚えておいてください。

現代人は、足腰が弱くなってきているといわれますね?
その理由には、食生活の変化などの要因もあるかもしれませんが、この第1チャクラの生命エネルギーが弱まっていることとも、関係があるのかもしれません。

昨今はスピリチュアル・ブームですが、あまりにも精神世界のことにばかりとらわれて、目の前にある現実に目をそむけていると、地に足がついていない、浮世離れした人間になってしまいます。

その場合にも、第1チャクラが示すグラウンディングは重要です。
第1チャクラを活性化させてあげることが必要となってくるのです。

活性 「生きる意欲、生存の欲求、肉体的な欲求、生殖能力」など、人間が生きていく上で、必要不可欠な「生命エネルギー」と深く関係しています。
不活性 第1チャクラが活性化していない人は、生きる気力を失っていたり、性欲が減退していたりと、深刻な症状を呈している場合が多いです。
写真:チャクラカラーブレス レッド

第1チャクラに対応した
「チャクラカラーブレス レッド」

第2チャクラ

下腹部やお臍のあたり、すなわち「丹田」と呼ばれる場所に位置するのが、第2チャクラ(仙骨チャクラ、丹田チャクラ)です。 第二チャクラが対応している色は「橙(オレンジ)」です。

女性の子宮に位置する、オレンジの第2チャクラが表すものは、ずばり、「セクシャリティ」です。このチャクラが活性化している場合、人はセクシャリティを楽しみ、幸福感を感じることができます。人生のありとあらゆる意味での、「快楽」と関係しているチャクラです。

チャクラは下から上へ移行するにつれて、精神的なレベルも上がっていきます。第1チャクラで、人は地に足をつけ、ひとりで生きる力を得、第2チャクラで、人との関係を構築する力を得ます。

第2チャクラは、「パートナーシップ」も表しているのです。パートナーシップは、友人関係、仕事関係、そして、恋愛関係の中で、礎(いしずえ)となるものです。

相手に依存するのでもなく、殻に閉じこもって孤立するのでもなく、人間社会で相手と友好的な関係性、パートナーシップを構築すること、それが、第2チャクラの課題なのです。

活性 このチャクラが活性化している場合、人はセクシャリティを楽しみ、幸福感を感じることができます。
人生のありとあらゆる意味での、「快楽」と関係しているチャクラです。
不活性 第2チャクラが不活性の状態でいると、絶えずセックスに執着していたり、逆にまったくセックスに関心がなくなってしまいます。
つまり、第2チャクラは、「パートナーシップ」も表しているのです。
写真:チャクラカラーブレス オレンジ

第2チャクラに対応した
「チャクラカラーブレス オレンジ」

第3チャクラ

第3チャクラ(太陽神経叢)は、お腹の上、鳩尾のあたりにあります。
第3チャクラが対応している色は「黄色」です。太陽の色である黄色に共鳴する第3チャクラは、「精神的な活力、思考や意志」を表します。

第1チャクラで生命力のエネルギーが産み出され、第2チャクラで生きる歓びを覚え、そして、第3チャクラで精神的な活力を得るのです。

第3チャクラが活性化していれば、自分自身に自信を持って、自由を感じることができます。

一方、このチャクラが、不活性の状態であれば、悩み事や考え事でストレスが溜まり、自信を喪失したり、逆に、自信のなさをカバーするように、傲慢になってしまうことがあります。

活性 第1チャクラで生命力のエネルギーが産み出され、第2チャクラで生きる歓びを覚え、そして、第3チャクラで精神的な活力を得るのです。
第3チャクラが活性化していれば、自分自身に自信を持って、自由を感じることができます。
不活性 一方、このチャクラが不活性の状態であれば、悩み事や考え事でストレスが溜まり、自信を喪失したり、逆に、自信のなさをカバーするように、傲慢になってしまうことがあります。
写真:チャクラカラーブレス イエロー

第3チャクラに対応した
「チャクラカラーブレス イエロー」

第4チャクラ

第4チャクラ(ハートチャクラ)は、胸部全体、心臓や肺のあたりにあります。第4チャクラが対応している色は「緑」「ピンク」です。

第4チャクラ、すなわち、ハートチャクラは、7つのチャクラの中間地点にあるので、調和の色である緑色なのです。

ハートチャクラは、すべてのチャクラの中心であり、人間界(第4チャクラから第3チャクラ)と天上界(第5チャクラから第7チャクラ)の橋渡しをする、中間地点のチャクラです。

それもそのはず、ハートチャクラは、その名のとおり、人間にとってもっとも大切な、心臓、心、つまり、「愛」を表すチャクラなのです。愛といっても、恋愛的な愛というよりは、「無条件の愛」を表します。

イエス・キリストのような聖人が、万人に与えた愛のような、その見返りに何も要求しない、無条件の愛です。

ハートチャクラのバランスが取れていれば、愛し愛されていると感じることができます。人に共感することができ、温かさを感じることができます。反対に、ハートチャクラがバランスを欠いているときには、自分が愛されていないと感じたり、他人から過度の賞賛を期待したりしてしまいます。

活性 ハートチャクラは、その名のとおり、人間にとってもっとも大切な、心臓、心、つまり「愛」を表すチャクラなのです。
愛といっても、恋愛的な愛というよりは、「無条件の愛」を表します。
マザーテレサのような、万人に与えた愛のような、その見返りに何も要求しない、無条件の愛です。
ハートチャクラのバランスが取れていれば、愛し愛されていると感じることができます。
人に共感することができ、温かさを感じることができます。
不活性 反対に、ハートチャクラがバランスを欠いているときには、自分が愛されていないと感じたり、他人から過度の賞賛を期待したり、認知欲求が強くなってきます。
写真:チャクラカラーブレス グリーン

第4チャクラに対応した
「チャクラカラーブレス グリーン」
写真:チャクラカラーブレス ピンク

第4チャクラに対応した
「チャクラカラーブレス ピンク」

第5チャクラ

第5チャクラ(喉のチャクラ)は、首の部分全体にあります。第5チャクラが対応している色は「青」です。

青といっても、ターコイズブルー、空の色のような、色彩の薄い青です。第5チャクラは、喉から声が発せられることから、「コミュニケーション」や「自己表現」を表します。

喉のチャクラのバランスが取れていると、自分の考えやフィーリングを言葉で上手く相手に伝えることができます。反対に、喉のチャクラのバランスが欠けているときには、話すことが怖くなってしまったり、沈黙を怖れたり、逆に、意味のないことをペラペラと話し出したりします。

活性 喉のチャクラのバランスが取れていると、自分の考えやフィーリングを言葉で上手く相手に伝えることができます。
不活性 反対に、喉のチャクラのバランスが欠けているときには、話すことが怖くなってしまったり、沈黙を怖れたり、逆に意味のないことをペラペラと話し出したりします。
写真:チャクラカラーブレス ブルー

第5チャクラに対応した
「チャクラカラーブレス ブルー」

第6チャクラ

第6チャクラ(第三の目のチャクラ)は、頭の真ん中、額の部分にあります。第6チャクラが対応している色は「藍色(インディゴブルー)」です。

第6チャクラは、「インスピレーション」や「直感」を表しています。
直感が冴えていたり、物事を見通す洞察力に優れている人は、ある程度、第三の目のチャクラが開いているといえます。

俗に「第六感(シックス・センス)」といいますが、この「第三の目」が完全に開いていれば、超感覚、超能力、サイキック能力といった、特別な能力を発揮することができるといわれています。

第6チャクラのバランスが崩れていると、直感だけに頼ってしまったり、幻想の世界でのみ生きるようになって、ひきこもりになってしまうことがあります。

活性 直感が冴えていたり、物事を見通す洞察力に優れている人は、ある程度、第3の目のチャクラが開いているといえます。
俗に「第6感(シックス・センス)」といいますが、この「第3の目」が完全に開いていれば、超感覚、超能力、サイキック能力といった、特別な能力を発揮することができます。
不活性 第6チャクラのバランスが崩れていると、直感だけに頼ってしまったり、幻想の世界でのみ生きるようになって、ひきこもりになってしまうことがあります。
写真:チャクラカラーブレス インディゴブルー

第6チャクラに対応した
「チャクラカラーブレス インディゴブルー」

第7チャクラ

第7チャクラ(天頂チャクラ、クラウンチャクラ)は、頭頂部にあります。第7チャクラが対応している色は「紫」です。

第7チャクラは、「霊的意識」、「ハイアーセルフ(高次元の意識)」といったものを表します。この第7チャクラが開いていると、宇宙エネルギーとつながることができます。

ただし、残念ながら、ほとんどの人のクラウンチャクラは活性化していません。

活性 この第7チャクラが開いていると、宇宙エネルギーとつながることができ、物事がスムーズに運びやすくなり、導かれたような感覚で過ごすことができます。
不活性 このチャクラのバランスが崩れていると、宇宙エネルギーの入り口を閉ざすことになり、エネルギーを取り入れにくくなるため、物事にとらわれたり、エゴが優先的になってしまい、不調和になりやすくなります。
写真:チャクラカラーブレス パープル

第7チャクラに対応した
「チャクラカラーブレス パープル」

PAGE TOP